占い結果は100%ではない

もし、あなたが当たると評判の占い師に、将来仕事で成功をしてお金持ちになれるか?と占ってもらったとします。
その占い師に、あなたは仕事で成功してお金持ちになる事は出来ると言われました。
もちろん、その占いの結果自身は嬉しいですが、占い前は、仕事に対して努力をしていたのに、占い後は成功出来るのだからと努力を止めてしまったとしましょう。

するとどうなるのか?と言えば、当然仕事では成功出来ずに、お金持ちになる事は出来ません。
ですが、ここで占いの結果が当たらなかったと怒るのは見当違いだと言えるでしょう。
その占い師は、現在の努力しているあなたを見て、将来仕事で成功できると言ったのです。
そこから努力を止めるという行為によって、あなたの運勢は大きく変わってしまいったのです。

そもそも未来とは固定された絶対的なものではありません。
あなたが行動を起こす事で、未来はよい方向にも、そして悪い方向へも帰られるものなのです。

また未来が固定されたものではないからこそ、占い師の結果は100%ではありません。
現時点であっても、Aという占い師とBという占い師にそれぞれ占ってもらったら、もしかすると全く逆の結果を占われる可能性だってあるわけです。
なので、占いの結果はあくまでも参考程度にとどめて、占いに頼り過ぎたり、依存するという過信状態になってしまう人は、占い自体しない方が賢明だと言えるでしょう。

占いによって運命を知る

占いにおいては、一人の人間の人生については、その運命によってきめられているものだと考えられています。
そして、占いをするということは、その人の運命の一部分を切り出して解釈することで、どのような未来が待っているかを知ることができる、というものです。
恋愛をすることも運命によってきめられていることの一部なので、占いによって恋愛運を知ることができるというのは理屈が通っているように思えます。

自分と相性の良い人との出会いを、運命の出会いというような言い方をすることもありますよね。
もちろん、自分自身では未来のことをまでは見ることができないので、それが運命の出会いであるかどうかということはわかりません。
もしかしたらという希望も込めて運命の出会いという言葉はよく使われる傾向があります。

また占いをすることは、そこではっきりとした個人名であったり時期、名前などを知ることはできません。
そして占いで当たるものであっても、必ずしもその通りになるとは限りませんから、あくまでヒントの一つとしてとらえておくようにしましょう。
もし悪い結果が出てしまったとしても、その結果が現実のものにならないように自分自身で気を付けていれば、それを回避することができるかもしれません。